ホーム

俳句結社「炎環」のウェブサイトへようこそ。

炎環では、初心者から経験者まで、さまざまな個性を持った方が俳句の高みを目指して切磋琢磨しています。このウェブサイトでは炎環の活動全般および最新情報をお届けします。当結社へ入会を希望される方も歓迎いたします。

お知らせ

今月の寒太独語



加藤楸邨の墓所九品仏浄真寺にて
「寒雷太郎」として

俳句は十七音の結晶。美しい厳しい定型詩。
ことばの組み合わせとリズム。

ひら仮名、カタ仮名、漢字、その他。さまざまのバランス。
それが、モノやコトとひとつになり、詩になるのだ。

詩にならない俳句は、イメージもリズムも乏しい。
すべて美しい詩となり奏でる。
それが完成された俳句。

今週の一枚



今週の一枚は、福田 泉さんによる「にら草のこちらをむいてをりにけり」です。