ホーム

俳句結社「炎環」のウェブサイトへようこそ。

俳句結社「炎環」では、初心者から経験者まで、さまざまな個性を持った人がその個性を活かし、俳句の高みを目指して切磋琢磨しています。(主宰=石 寒太
このウェブサイトでは炎環の活動全般および最新情報をお届けします。
当結社へ入会を希望される方も歓迎いたします。

2024年「炎環」に好評連載中
プロインタビューアー
 谷村 鯛夢の
〈この人に会いたい〉

人物のつながりを「楸邨山脈」など「山脈」に例えたりするけれど、「炎環」のそれはどうも様々な伏流水や支流をまとめて「水脈」と言う方が近いような気がする。
その「炎環水脈」の、気になる人物を辿りながら、「なぜ俳句なのか」「なぜこの水脈なのか」を改めて考えてみたい。
そこで谷村 鯛夢が、毎月一人ずつ気になる人物に会い、その水脈を探って行く。

お知らせ


2024年7月14日 今月のほむら通信(炎環の人々の俳句界における活躍)を掲載しました。
2024年7月8日 今月の主宰句(石 寒太)、巻頭句(江成 和子、工藤 呎子、須藤 かよ子)、ピックアップ同人句(丹間 美智子、大原 貴彦、横山 惠子、神戸 優子、山本 うらら、小林 根菜)を掲載しました。
2024年7月5日 「+PLUS」に島 青櫻の『自覚者達の芸道 16』を掲載しました。
2024年6月30日 句会一覧を更新しました。
2024年5月23日 2023年度の炎環四賞(炎環賞エッセイ賞評論賞新人賞)それぞれの作品を掲載しました。
2024年4月6日 炎環人の句集・書籍に折島 光江の句集『助手席の犬』を掲載しました。

今月の寒太独語



福岡の「成金饅頭」を手にご満悦。
炎環横浜句会にて。
 

「取り合せ」は、俳句のひとつの方法。
ふたつのものやことを、配合すること。

表面では、 一見気づかないが、 底で通じ合っている。
それを一気に結びつける。

失敗すると、離れすぎ。
合いすぎると、付きすぎ。

それは、長い経験でできる。

今週の一枚

今週の一枚は、伊藤 航さんによる「鉄線」です。