ホーム

2024年も炎環は「心語一如」の志で俳句に邁進してまいります

俳句結社「炎環」では、初心者から経験者まで、さまざまな個性を持った人が俳句の高みを目指して切磋琢磨しています。(主宰=石 寒太
このウェブサイトでは炎環の活動全般および最新情報をお届けします。
当結社へ入会を希望される方も歓迎いたします。

お知らせ


2024年4月14日 今月のほむら通信(炎環の人々の俳句界における活躍)を掲載しました。
2024年4月10日 今月の主宰句(石 寒太)、巻頭句(山田 清明、上原 流離、山﨑 猿屋)、ピックアップ同人句(こがわ けんじ、壬生 きりん、秋山 裕美、辺見 みち代、峰村 浅葱、鮫島 沙女)を掲載しました。
2024年4月6日 炎環人の句集・書籍に折島 光江の句集『助手席の犬』を掲載しました。
2024年4月6日 句会一覧を更新しました。
2024年4月3日 「+PLUS」に島 青櫻の『自覚者達の芸道 13』を掲載しました。

今月の寒太独語



令和6年新年会にて。
右は特別ゲストの筑紫磐井氏。
 

見なれた風景の中に、
俳句をとらえる。

空想は、
俳句にはなりにくい。

詩は、常に現実に、
その中から生まれる。

それをとらえて、
はじめて普通の俳句(詩)になる。
それが、あなたの詩(俳句)だ。

今週の一枚

今週の一枚は、伊藤 航さんによる「利根運河のさくらと菜の花」です。