ホーム
主宰・石 寒太

寒太独語

「炎環」主宰・石 寒太による俳句の箴言を毎月ご紹介します。


令和6年新年会にて。
右は特別ゲストの筑紫磐井氏。

2024年3月(No.132)

 

高邁な言葉より、
日常の言葉を。

雅な言葉より、
平凡な言葉を。

きらびやかな言葉より、
身のまわりにそう言葉を。

そんな言葉を使って、 俳句をつくる。
それがあなたの、 俳句。

2024年2月(No.131)

 

芭蕉は、「きのふの吾に飽く」といった。

昨日よりも今日。
今日よりも明日。
明日より、未来を見つめながら一句を。

それが生きた証しとなる。

あなたの俳句人生。

2024年1月(No.130)



いち日まい日に感謝、身辺の季感を確かめ、それを俳句に。

いまを生きる。
それが、あなたの俳句人生。

あなたの俳句として残り、生きた俳句になる。

俳句をつくろう!