ホーム
炎環の俳句

巻頭句 巻頭とは?

2019年6月

巻頭句

小林 根菜[東京]

次巻頭

内野 義悠[埼玉]

三席

酒井 弥太朗[神奈川]

❖印=石 寒太主宰特選



巻頭とは?

炎環の俳句作家は、同人と一般会員に分かれます。一般会員は毎月5句を投句しますが、石寒太主宰はそれらのすべてに目を通し、必要に応じて添削もします。そのうえで主宰は、5句全体に対し、秀逸と認めた順に作品を並べ、その順に従って「炎環」誌に掲載します。

このページでは、その1位の作品を「巻頭」、2位を「次巻頭」、3位を「三席」と呼んで、それぞれの作品を紹介します。(同人についてはこちら