ホーム
炎環の俳句

炎環四賞

炎環四賞(炎環賞・炎環新人賞・炎環エッセイ賞・炎環評論賞)の受賞者および作品をご紹介します。

「炎環四賞」とは

毎年1回、俳句、評論、エッセイの、それぞれの分野において、炎環会員(同人を含む)から作品を募集し、最優秀作品に対して与えられる賞が、「炎環賞(俳句)」「炎環評論賞」「炎環エッセイ賞」です。

募集作品は、俳句が新作20句、評論が400字詰原稿用紙で30枚以内、エッセイが3枚以内(ただしテーマの設定あり)。受賞作の選考は、主宰と、主宰によって炎環同人の中から選ばれた選考委員が、これに当たります。

そしてもう一つ、炎環の会員(同人は含まず)のうち、その1年間の俳句(毎月5句ずつ誌上に発表する作品)が優れていた40名を、まず主宰が選出。その40名の中から、全同人が1名ずつ最優秀者を推薦し、推薦獲得最多の人に与えられる賞が「炎環新人賞」です。

これら「炎環賞」「炎環評論賞」「炎環エッセイ賞」「炎環新人賞」をあわせて、「炎環四賞」と呼んでいます。

2015年度(第十九回)

2014年度(第十八回)